■悩んでいるよりまず相談!

|口内環境をチェックしましょう

口の中のニオイの原因は「嫌気性菌」という酸素を好まない細菌です。舌苔(ぜったい)や歯周ポケットの深部で餌(食べかすなど)を食べて、ニオイの元であるガスを発生させ、口臭の原因となります。

口腔内に歯周病などの疾患があると、嫌気性菌の餌である破壊された組織や出血、排膿などが豊富で増殖しやすい状態になることから、口臭が強くなります。

また、何らかの原因で唾液の分泌量が減少すると口腔内が乾燥した状態になり、嫌気性菌の好む環境に変化するので、一時的に口臭が強く感じられます。

口臭が気になっているけど、なかなか相談しにくくてお悩みの方は多いと思いますが、ずっと悩んでいるよりも、早く治療してお口の臭いも悩みも解消しましょう。

口臭外来

■口臭の種類

① 生理的な口臭

主に唾液の分泌量によって左右され,時間帯や精神状態などによって唾液量が減少し、一時的に口臭が強くなることがあります。これを「生理的口臭」と呼び、起床時や空腹時,緊張時,運動時に強くなります。

これは誰にでもあることなので気にすることはありませんが、不規則な生活やストレスがたまった状態が続くと、口腔内の乾燥状態が続いて口臭が発生しやすくなります。

また女性では月経や妊娠など、血中ホルモンの変化や代謝が口臭の発生に関係しているとの報告もあります。

② 病気による口臭 

病気による口臭の9割以上は舌苔・歯垢などの口腔内の汚れや歯周病やう蝕などの疾患が原因です。また、薬の副作用などによる口腔内の乾燥などが口臭の原因になっていることもあります。

糖尿病や尿毒症・肝臓疾患を持っている場合も同じように病気によるニオイ成分が呼気として排出されます。
糖尿病などの薬の副作用で口腔内が乾燥していると考えられる場合は、担当医に相談して薬を調整してもらうとよいでしょう。

口の中の病気以外で口臭の原因となる病気は、鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気があります。

口の病気による口臭の原因

③ 食べ物や嗜好品による口臭 

ニンニクやたまねぎ、タバコやアルコールを摂取した場合に歯磨きをしてもニオイを取ることができないのは、消化吸収されたニオイ成分が血液中を流れて肺のガス交換によって呼気として排出されているからです。
このニオイは一過性のものなので、時間と共にニオイは消えていきます。

嗜好品による口臭の原因

④ 心因性の口臭(自臭症)

不快な口臭はほとんど認められなくても、「自分には口臭がある」と強く思いこんでしまうことです。

誰にでもある生理的口臭を気にしすぎて、それがストレスになり口臭が強くなるということもあるので、口臭が気になったら悩む前にぜひ相談してみてください。

当院では患者さまのお口の悩みに寄り添って、カウンセリングや検査・クリーニングを行い、口臭の原因や患者さまの不安を取り除くお手伝いを致します。